読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球系ライター結衣の野球布教ブログ

書くことを仕事にしています。文章レベルアップのため、野球の面白さについて発信中!!

開幕を前に。

いよいよ2017年シーズンが開幕!!
楽しみです!!
観戦記載せたり見所も語りまくりたいのですが、ここは野球ファンという扉の前で二の足踏んでる人たちのためのブログ。
いきなりヒートアップするわけには参りません(笑)

というわけで、結衣です。
モノを書くのを仕事にしています。
文章の練習のためにこのブログを立ち上げました。
どうせなら、私の大好きなことを書いて、布教しちゃおう!
ということで、野球のいろいろを綴ります。
「なんで野球?」とか、
その辺のいきさつはこちらを見てみてくださいm(_ _)m

http://habaki96.hatenablog.com/entry/2017/03/30/010319

今回は開幕を前に、野球の魅力って何だろうかねという話をしたいと思います。

巷では「野球をキライな理由」「好きじゃない理由」を耳にこそすれ、「好きな理由」を語れる人って意外と少ない気がします。

あえて言います。
私は、いくらでも語れる!!(笑)

みなさんを置き去りにしない程度に、一日一個ずつ語っていきたいと思います。
…準備はOK?

○野球のみりょくそのいち
「どんな状況でも、アウト3つ取らないと終わらない」

よく聞く言葉に、「野球は2アウトから」というのがありますが、これ、非常に深い。
野球には攻める側と守る側がいるわけで、つまり、この「2アウトから」って言葉も表裏一体。

攻める側にとっては「まだアウト一個分ある! 諦めるな!!」って発破。

守る側には「最後の1アウト取るまで気を抜くな! 油断大敵!!」って教訓。

事実、9回2アウトから逆転勝ち、なんて例は腐るほどある。
最後まで気を抜けないし、諦めたら負け。

でもまあ、これは他のスポーツにも言えることですよね。

本当にエグいのは、たぶん「時間稼ぎが通用しない」って部分。

バスケやサッカーは、時間で終わります。
戦術的にボールを回して、残り数分やり過ごす、ってことも可能。

テニスや卓球、バレーなんかは○点取れば終わりってのが明確に決まっている。
どんなに実力差があっても、例え秒殺されても、一点も取れなくても、試合は終わるんです。

でも、野球はそうじゃない。
コールドゲーム(試合打ちきり)っていうルールもあるけど、決められた回が終了しないと成立しない。
つまり、どんだけ実力差のある相手だったとしても、何十点取られたとしても、3アウト取らないとゲームが終わらない。

何十点取られても、何時間経っても、ずっと一回表ってのがあり得る球技なのです。

想像してください。
ミス、ミス、ミス、ホームラン、ミス、やっと1アウト、またミス、打たれる、ミス、ミス、ホームラン、まだ2アウト、そっからまたミス、ミス…の、無限ループ。
はっきり言って、地獄です。

でも、だからこそ1つのアウトが重くなる。
いかに3つのアウトを取るか、それがキーになる。

これって、他のスポーツにはない面白さだと思うんですけど…どうですかね?

すでにやり過ぎた感満載ですが(笑)
これ以上進むと完全に暴走なんで、今回はこの辺で。

次回は二つ目の魅力を語ります。
では、また。