読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球系ライター結衣の野球布教ブログ

書くことを仕事にしています。文章レベルアップのため、野球の面白さについて発信中!!

司令塔、扇の要、そして「女房」

タイトルの言葉は、全部同じモノを示す表現です。

野球における「捕手」を指す言葉。
表現が多けりゃすごいってわけでもないですが、それだけ重要なポジションではあるかと思います。

そして、わたくしこと、結衣も捕手です。
(ママさんソフトボールチームで捕手やってます!)

だから今日は、ちょっとアツくなってもご容赦ください(笑)

初めましての方は、まずこちらから。
このブログのこととか書いています。

http://habaki96.hatenablog.com/entry/2017/03/30/010319

さて、今日は野球の役割分担、捕手編をお送りしたいと思います!

①捕手(キャッチャー)とは?
野球は、投手が打者に向けて球を投げる所から始まります。その、投げた球を受け止める役が、捕手です。
基本的には、投手の球を打者が打ち返してゲームが進んで行くわけですが、当然ながら、全部の球がバットに当たるわけではありません。打者が当て損なった球を受ける、これが基本的な捕手の役目です。
とはいえ、これが中々奥が深いわけですが。。。
また、もちろん守備要員でもあるので、他の野手陣と同様に、打球(打ち返された球)の処理もします。
それから、ホームベースを守るのも大事な仕事です。
その他、捕手にしかない特殊な役割を、次から説明していきます!!

②「司令塔」として指示を出す
捕手は、野手陣の中で一人だけ違う方向を向いています。打者の背中から、投手や自軍の選手たちと向き合う形ですね。そのため、常にフィールド全体を見渡すことができます。ボールの動き、試合の流れ、敵チームの選手の動きを見て、ボールを投げる場所や守備での動きについて指示を出します。
他のポジションでは、中々「全体を見る」というのは難しいので、自分の動き方を決めるのに捕手の声を頼りにしたり、予め出されるサインに従うことも多いです。
捕手が迷うとチームが迷います。
わたしも今のチームの監督に「間違えたと思っても謝るな」と言われたことがあります。
間違えることよりも「迷う」ことの方がマズイのです。
実際、捕手がアワアワしてるとチームも弱く見えます。
とにかく一瞬で決断して指示を出す。
これは捕手の大事な仕事です。
野球では、監督はむやみにベンチから出てきてはいけないことになっているので、監督の代わりにチームを取りまとめる「司令塔」であり、「グランド上の監督」などと言われることもあります。

②「扇の要」=守備の中心
野球の守備位置は捕手を中心として扇形に展開しています。物理的に捕手の守備位置が「要」の部分にあたるというだけでなく、捕手が守るホームベース周辺に打者が立ち、投手がそこへ向かって投げる、そしてホームベースを通過することによって得点が入る、というゲームの流れを鑑みても、捕手というのは守備の中心になります。
先述の項目とも被りますが、要に座って守備の指揮系統をとるのが捕手の仕事だし、得点に絡む一番重要な場所を守る、という役割から考えても、捕手は守備の中心であると言えます。

③投手を支える「女房」役
野球をよく知らない人でも「バッテリー」という言葉は聞いたことがあると思います。投手と捕手、この2つのポジションをまとめて「バッテリー」と呼ぶのです。バッテリーは「夫婦」に例えられることが多く、特に捕手の側を「女房」と呼ぶのが一般的です(球を「受ける」役だからか、花形である投手を「支える」のが仕事だからか、言葉の起源はわかりませんが)。

野球は投手が球を投げる所から始まる、と書きましたが、細かいことを言えば、球を受ける側の捕手の方が「この球を投げろ」とサインを出さなければ試合は始まりません。投手の方も投げたい球とか、自分の調子とかがあるので、捕手のサインが気に入らない時は首を振って拒否します。二人の意見が一致して初めて、試合がスタートするのです。
この辺のことは本当に奥が深くて、バッテリーの数だけ正解があるという感じなので詳しくは書けませんが、女房として投手を導く、支える、一緒に試合を動かす、この辺りが捕手の醍醐味であり、一番面白くて難しい所じゃないかなあと思います。

いかがでしょうか?
捕手の役割、少しでも伝わりましたでしょうか?

捕手に関しては自分自身も愛着があるし、今後もいろいろ書いていくとは思いますが、今日はひとまずこの辺で。。。

実はなかなか捕手をやりたがる人っていないみたいなんです。
防具が暑そう、重そう、動きにくそう、
ボール当たって痛そう、怖そう、
やること多くて難しそう、
捕手のイメージってそんなんばっかです。

それらはすべて事実、ではあるんですが。
それを補って余りある、本当に楽しくて難しくて特殊で、でもだからこそやりがいがある、

そんな最高のポジションだと思います!!

わたしはもう、捕手以外やりたくないなあ。

というか、いろいろこなせるほど器用じゃないっていう方が正しいんですが(笑)